こんばんは


一昨日の夜

オットが旅立つちょうど24時間前

玄関で片付けてる私を遠巻きに見つめるオット
散歩嫌いのオット、
玄関にいる時は誘われないようにいつも離れて私を見てました


ノイー!と呼ぶと、おもちゃを持って走ってきました

散歩行くよー!と言うと大喜びで下りてきました
(微かにオットが写ってます)

私とノイが出て行こうとすると追いかけてくるんだけどね
じゃあ行く?と、手を伸ばすと逃げていくオット(*゚ー゚*)

毎日の散歩はこんな流れがありました










昨夜は
オットに寄り添い、話しかけ撫ぜては泣き
朝が来るまで眠ることが出来ませんでした




以前、先住犬のななの時のお葬式で後悔しました

その後悔から
またいつか来るその時の為に調べとこうと思ってたのに
元気なときは忘れてしまうものです



オットがもう危ないかもしれない

と思った時、今から霊園を調べることで諦めた気持ちが
オットに伝わるかもしれない!や、色んな思いが。。。。。

結局、オットが旅立つまで調べることを躊躇しました


なので、以前も思ってたはずの私なりの考えを。

元気なうちにしっかり調べておいてください!
病気が進行したり、急なときに調べると焦ります(後悔しないように)
納得できる送り出しになるように大切なことだと実感してます



オットと最後の夜を過ごしながらパソコンに向かう私

オットを納得の出来る所にお願いしたい!
必死に考えました

涙で思考回路が上手く働きませんでした







明け方にようやく決めることが出来ました




今日の昼頃

葬儀と火葬、お骨拾いをし、オットと一緒に帰ってきました
オットが大好きだったソファーに


ノイが不思議そうに確認にきました

娘が選んだ骨壷袋。派手なオレンジ色で星柄です

娘 「オットに似合う色やろ?」
って。

そうやね。凄く似合ってるね(*^▽^*)





その後も何度となくそこに座り確認してたノイ

オットが亡くなったことを理解してるかは分かりませんが
何か感じてることは確かなようでした





いつも応援していただいてありがとうございました


中秋の名月
今夜8時のノイの散歩のときです

いつもよりゆっくり歩きました

オットの事を考えながら歩きました

散歩嫌いだったオットと、
イヤイヤな顔をされながら歩いたいつもの道

きれいな月でまた涙がでました






オットが亡くなり、

涙を見せなかった強がる息子
(陰で泣いてることは知ってる)

泣きながらもしっかり助けてくれた娘

始めは犬は嫌いだと、可愛がらなくて
でも、
オットのおかげで愛することを知り涙を流しながらお別れしてたパパス

そして、泣き続け目が開かないくらい腫れてしまった私



昨日のブログのコメントを全て読ませていただきました

オットが私達家族だけではなく
皆様からも愛されてきたことにただただ感謝です
ありがとうございました

ホントに幸せだったね。オット


書きたいことは山ほどありますが、今日はこのへんで。。。。
(ここまでも長かったですね)




まだもう少しだけ止まらせてください
いつか、いつもの元気な私に戻ります